ブログ

フェルメール展2018のコラボに注目。絵の世界観のスープやウエアとは

投稿日:2018-08-15 更新日:

 

スポンサーリンク
 

こんにちは!ayakaです。

今回は、この秋最大の注目が集まっている展覧会といっても過言ではないフェルメール展について、どんな展覧会なんだろう?と気になって調べてみました。

展覧会と企業コラボ・タイアップもおもしろいのでご紹介します!

「フェルメール展」に行ってきた感想はこちら▼

「フェルメール展」開催概要

東京展

会期:2018年10月5日(金)~2019年2月3日(日)

休館日:12月13日(木)

開館時間:9:30~20:30(開館・閉館時間が異なる日があります)

日時指定入場時間枠:①9:30~10:30/②11:00~12:30/③13:00~14:30/④15:00~16:30/⑤17:00~18:30/⑥19:00~20:00

会場:上野の森美術館

アクセス:JR上野駅 公園口より徒歩3分/東京メトロ・京成電鉄 上野駅より徒歩5分

前売り日時指定券(税込):一般2,500円/大学・高校生1,800円/中学・小学生1,000円
※未就学児は無料
※当日券は+200円

東京展では、有名な「牛乳を注ぐ女」をはじめとする8点ものフェルメール作品が集結
日本初公開作品も含まれます。

そのほか、オランダ黄金期を代表する画家であるハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンなど世界的にもごく稀少で非常に評価の高い作品約50点が展示される予定。

かつて開かれた東京都美術館での「フェルメール展」では93万人もの動員を記録し、今回も大変な混雑が予想されることから「日時指定入場制」が採用されていますよ。

チケットは、公式サイトで予約が始まってます。

 

音声ガイド全員無料!

この東京展では、なんと全員に音声ガイドが無料で貸し出されます!これは嬉しい。

音声ガイドのナレーションを担当するのは、女優の石原さとみさんです。

名画の鑑賞ポイント、カンヴァスに隠されたエピソード、画家たちのトリビアを、石原さとみさんの心地よいナレーションでおとどけします。

出典:フェルメール展公式HP

だって!これは楽しみですね。

 

大阪展

会期:2019年2月16日(土)~2019年5月12日(日)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館。4/30,5/7は開館)

開館時間:9:30~17:00(入場は閉館の30分前まで)

会場:大阪市立美術館(天王寺公園内)

アクセス:JR・大阪メトロ天王寺駅 中央改札より徒歩5分/近鉄大阪阿倍野橋駅 西改札口より徒歩11分

観覧料(税込):一般1,600円/大学・高校生1,300円/中学以下無料
※当日券は+200円
※大阪展は日時指定入場制ではありません。

音声ガイド(税込):600円

大阪展には、日本初公開の「取り持ち女」が目玉作品としてやってきます。
それを含んだ6点のフェルメール作品が展示されます。

フェルメールが好きな方は、東京展と大阪展両方行っても楽しめそうです。

大阪展は観覧料が少しお得ですね。
そのぶん、音声ガイドを利用するのにおカネがかかります。

 

スポンサーリンク
 

「フェルメール展」と企業とのコラボ・タイアップ企画がおもしろい

今回の「フェルメール展」はいろんな企業とおもしろいタイアップ企画をしています。

一部ご紹介しますね。

Soup Stock Tokyo フェルメールの"牛乳を注ぐ女"のスープ

Soup Stock Tokyoは、10月5日(金)より「フェルメールの"牛乳を注ぐ女"のスープ」を新発売。

絵の中にはスープが描かれているわけではないけれど、この世界観にインスピレーションを得て作られたスープだそうです。

台所で家事に勤しむ女性の日常を、静けさの中に美しく描いた“牛乳を注ぐ女”をイメージしたスープを作りました。チーズ、パン、牛乳などは当時のオランダの日常的な食材ですが、スープに仕立てることでシンプルな食べ物が持つ力強さを表現しています。作品における壁の余白のように、あえて使う食材を少なくすることによって、素材それぞれの味が強く引き立てあうスープができました。

出典:Soup Stock Tokyo NEWS

スープストックが作るミルクベースのスープが美味しくないわけがない!

レギュラーサイズ単品で650円(税込)予定です。
11月2日(金)までの1ヶ月足らずの限定商品なので、飲み逃しのないようお気をつけくださいませ。

 

LDKWARE スタッフユニフォームに採用、グッズ販売

LDKWAREとは、アパレルブランド「YAECA」と「ほぼ日」がコラボして服を作っているブランドです。

こちらのルリ色のLDKWAREが展覧会のスタッフユニフォームとして正式採用に。
「フェルメール展」の記者会見で、石原さとみさんも着用しています。

出典:ほぼ日刊イトイ新聞 NEWS

さすが!着こなしますね~✨

2017年のカラバリとしてルリ色を作った際、それがフェルメールブルーに似ていることからモデルさんが着ている写真や映像をフェルメールっぽくしていたのがフェルメール展関係者の目に留まり、今回のタイアップに繋がったんだそうですよ。

展覧会では、オリジナルグッズとしてフェルメール・ブルー色のエプロンとバディバッグを販売するそうです。

ルリ色のLDKWAREは、スタッフユニフォームだけではなくLDKWAREのサイトで販売する分も作られるそうですよ!
こちらは展覧会が開催される頃には発売できる予定だそうなので、欲しい方はLDKWAREのサイトをチェックしてみてください。

 

最後に

いかがでしたか?

フェルメールをはじめとする貴重な作品の数々が間近に観られる素晴らしい機会となるこの展覧会、楽しみですね!
どれだけ混むのかちょっと心配ではありますが💦

展覧会とタイアップしている企画もとてもユニークで、今回紹介したものの他にもAfternoon Tea TEAROOMのコラボアフターヌーンティーセットや、JTBのフェルメールを巡る旅の企画などもありましたよ。
詳しく知りたい方はフェルメール展公式サイトの「スペシャル」をご覧になってみてください。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!👋

 

スポンサーリンク
 

-ブログ

テキストのコピーはできません。

Copyright© 大人女子のひとり暮らし , 2018 All Rights Reserved.