ブログ

ルーブル美術館展2018の音声ガイドが高橋一生?周辺のカフェ情報も

投稿日:2018-03-20 更新日:

 
スポンサーリンク
 

今年5月、3年ぶりのルーヴル美術館展が東京で開催されます。

この展覧会は「肖像芸術」をテーマに、古代から19世紀までの絵画や彫刻など約110点が出展される大規模なものとなります。
ルーブル全8部門が総力を結集したという、このような肖像芸術の歴史を包括的に感じられる展覧会はほとんど例がなく、とても貴重な機会です。

これはすごく楽しみ・・・!絶対に行きますよ!

 

ルーブル美術館展2018・開催概要

「ルーヴル美術館展 肖像芸術 - 人は人をどう表現してきたか」

会期:2018年5月30日(水)~9月3日(月)毎週火曜日休館 ※ただし8/14は開館

開館時間:10:00~18:00
※金・土曜日は5・6月は20:00まで、7・8・9月は21:00まで
※入場は閉館の30分前まで

会場:国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

アクセス:
・東京メトロ千代田線 乃木坂駅 6出口(美術館直結)

・東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口から徒歩約5分

・都営地下鉄大江戸線 六本木駅 7出口から徒歩約4分

 

オフィシャルサポーター・音声ガイドが高橋一生さん!

なんとオフィシャルサポーターが高橋一生さんで、音声ガイドも担当されるとのこと!
あの低音ボイスが耳元でアートを解説してくれるのね・・・あ、最高のやつだ。絶対借りねば!笑

ちなみに音声ガイドは、チケットとは別に\550(税込)で入り口で借りられます。
確実に人気でしょうから、今後「音声ガイドセット券」が出るかもしれないですね。

 
スポンサーリンク
 

国立新美術館周辺のカフェ5選

観終わったら、たぶん足も疲れてるしひと息つきたくなりますよね。
感想だって語り合いたいし。

ということで、会場となる国立新美術館の周辺の良さげなカフェを調べてみました。
まぁ最寄り駅が乃木坂・六本木ということでカフェはたっくさんあるんですが、

  • 美術館から徒歩数分で行けるアクセスのいいところ
  • 確実に美味しい人気店
  • そんなにお高くないところ

という条件で5つ選んでみました。
わたしもきっとこのどこかでお茶することでしょう。

 

ダウンステアーズコーヒー

メルセデス・ベンツのショールーム「Mercedes-Benz Connection」の1階に併設されているカフェ。

ベンツなんて敷居が高いのでは、と思いきやカジュアルな雰囲気が魅力です。

ここはカフェラテが絶品のカフェで、なんとラテアート世界チャンピオンの澤田洋史氏がドリンク監修しているのだとか。

せっかくなのでベンツマークの付いたウーピーパイも添えて、注文したいですねー。

ダウンステアーズコーヒー
東京都
港区六本木7-3 -10
7:00〜23:00 LO22:30
定休日なし

国立新美術館より徒歩約4分

 

カフェ・ド・ラペ

乃木坂駅3番出口から少し北上。

大通りの喧騒を離れた隠れ家的カフェ。
緑に囲まれたテラス席が人気です。

コーヒーとレアチーズケーキ、オーレグラッセ(コーヒーとミルクが混ざっていないコーヒー牛乳)がイチオシのメニュー。

カフェ・ド・ラペ
東京都港区南青山1-15-20 105
[月・火] 11:00〜20:00
[水~金・土・日] 11:00〜22:00
不定休

国立新美術館より徒歩約3分

 

yelo(イエロ)

ここは美術館から若干歩くんですけど、それでも行ってみたい大人気のかき氷カフェ&バーです!

ふわふわの氷にはミルクとヨーグルトが入っていてまるでアイスクリームのような食感なんだとか。

季節やイベントごとのフレーバーも人気ですが、ティラミスかき氷が不動の1番人気です。

yelo
東京都港区六本木5-2-11 パティオ六本木 1F
[月~金・土] 11:00〜29:00
[日] 11:00〜23:00
無休

国立新美術館から徒歩約12分

 

ウエスト青山ガーデン

老舗洋菓子店「銀座ウエスト」のフラッグシップ店。

ここの人気メニューはなんと言ってもホットケーキ!絶妙な焼き色が美しい・・・
なんとセットのコーヒー、紅茶はおかわり自由。

格調高い風格がありながら居心地よく、ゆったり過ごせるカフェです。

ウエスト青山ガーデン
東京都港区南青山1-22-10
11:00〜20:00 LO19:30
無休

国立新美術館より徒歩約3分

 

ブルーボトルコーヒー 六本木カフェ

ミッドタウン前という立地にも関わらず、やや奥まったところにあるので混雑しすぎず入りやすい穴場の店舗です。

本場アメリカの店舗と同じように、1杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーが美味しいと評判。
シンプルモダンなインテリアやロゴもおしゃれで、人気ですよね。

使用する豆にも、

  • 焙煎後48時間以内の豆しか使用しない
  • オーガニック・フェアトレードの豆のみを使用

というこだわりがあるそうです。

ブルーボトルコーヒー 六本木カフェ
東京都 港区 六本木 7-7-7 Tri-SevenRoppongi B1F
8:00~20:00

国立新美術館より徒歩約8分

ほかにも・・・

国立新美術館内にもB1~2Fまでそれぞれ1箇所ずつカフェがあり、ルーヴル美術館展の会期中はスペシャルコラボメニューも提供されます。
舌でもアートを堪能できそうですね。

あと、東京ミッドタウンがすぐそばにあります。
ミッドタウン内はカフェが多すぎてですねー。
ここに載せきれなかったので、仕方なくまるっと外しました。

  • パティスリーサダハルアオキ
  • リッツカールトン カフェ&デリ
  • 虎屋茶寮
  • DEAN & DELUCAカフェ

などなど。
いろんな中から選びたいならミッドタウンもおすすめです!

 

余韻まで楽しんで

3年ぶりのルーヴル美術館展ということで、かなりの人気・混雑が予想されます。
しかも高橋一生さんの音声ガイド付きですから、さらにでしょう。笑

観終えた後のカフェ探しのご参考になれば幸いです。

 
スポンサーリンク
 

-ブログ

テキストのコピーはできません。

Copyright© 大人女子のひとり暮らし , 2018 All Rights Reserved.