ブログ

米津玄師『Lemon』MV出演の女性ダンサーは誰?MVに込められた意味とは

投稿日:2018-04-03 更新日:

 
スポンサーリンク
 

冬ドラマ『アンナチュラル』ロスのayakaです。こんにちは。

今までにない予想できないストーリー展開、胸に垂直に刺さってくるセリフ、そして主題化の『Lemon』。
すべてが最高のドラマだったと思います。

ストーリーのクライマックス、ドンピシャのタイミングで流れる『Lemon』はなんかもはやズルいよね。笑

ただの主題歌ではなく、ドラマの世界観を体現してさらに色濃く彩るこのドラマの一部って感じでしたね。ぜひ主題歌はこのままにいつか続編が見たいです!

さて、こちらの『Lemon』のMVが、米津玄師さんのオフィシャルYouTubeにフルで公開されており大きく話題になっています。

2018年2月26日に公開されてからわずか13時間で100万再生を突破し、

この記事を書いている2018年4月3日現在は、なんと間もなく再生回数5000万回を突破しようとしています。

「レクイエム(鎮魂)」をモチーフに作られたというこのMVには、作品を象徴する存在としてひとりの女性ダンサーが登場しています。

ダンスが『lemon』という曲の世界観と調和しながら、圧倒的な存在感を放っていてとても素敵。。

この女性は誰だろう?と気になったので調べてみました。

 

米津玄師『Lemon』MV出演の女性ダンサーは誰?

この女性は吉開菜央(よしがいなお)さん。

ダンサー、さらに振付師映像作家さんという肩書きも持っている、新進気鋭のクリエイターさんでした。

1987年生まれ。日本女子体育大学舞踊学専攻でダンスを学んだのち、東京芸術大学大学院映像研究科に進む。生き物ならではの身体的な感覚・現象を素材に、「見て、聴く」ことに集中する時間を映像として編集している。2015年に監督した映画『ほったまるびより』が文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門新人賞を受賞。『みづくろい』YCAM架空の映画音楽のための映像コンペティション優秀賞受賞(2013年、YCAM) 主なグループ展に「ほったまるびより-O JUNと吉開菜央」展(2016年、Minatomachi Art Table,Nagoya)

出典:naoyoshigai.com

映像作家として数々の受賞もされてるんですね。
動画がいくつかあがっていたので拝見したんですが、どれも引き込まれるような不思議な魅力を持った作品を作られています。

また、RADWIMPSの野田洋次郎が楽曲提供したさユりの『フラレガイガール』や、NakamuraEmiの『大人の言うことを聞け』のMVの監督もつとめています。

とても才能豊かな女性なんですね。
個人的には、ダンサーとしての吉開さんももっと見たいな。

なんにせよ、『lemon』のMVをきっかけに、これからさらに注目度が増していくのではないでしょうか?

 

ダンスの種類は?

これはコンテンポラリーダンスだと思われます。

コンテンポラリーダンスとは、コンテンポラリー=「今」作っているダンス。

ジャズダンスやストリートダンスのようにある程度決まったステップがあるというものではなく、より自由な発想・独創性が求められるものなんだとか。

コンテンポラリーダンスと言えば、『LOSER』のMVで米津玄師本人が踊っているのもそうでしたね。
あれも素晴らしかったな。。

 
スポンサーリンク
 

MVに込められた意味とは?

薄暗い教会で黒のハイヒールを履いて座っている男性と、同じ靴を履き切ない表情で踊る女性。

場面が進むと、これは人々の目には映らなくなってしまった彼女への弔いだとわかります。

 

初見の人に多くの「!?」を生んだであろうハイヒールについては、米津玄師本人が「2人にしかわからない何か」を表現したかったと話していました。

『アンナチュラル』ではそれが「ピンクのカバ」でしたね。

ハイヒールは、あなたとわたしにしかわからない特別なもの。
男性がハイヒールを履くという一見奇異にも見える行為で、「あなたはいなくなったけれど、これからもあなたと共に歩んでいく」という思いを伝えているではないでしょうか。

 

ところで、この『lemon』の冒頭0:40あたり、女性の髪が風に煽られる動きにちょっと違和感を感じませんか?

ツイッターでも一部話題になっていましたが、どうもこの冒頭の踊りは逆再生のようなのです。

死者の世界は古くより現実の世界とは真逆の世界があると信じられており、「逆さ事」という風習として今も残っています。
死者に着物を左前にして着せるというのも「逆さ事」のひとつ。

逆再生の要素はこの「逆さ事」から取り入れられたものでしょうか。

曲の最後にタイトルが現れる、というのがまず不自然なんですが、そこから逆再生していくと、女性視点の物語になる仕組みになっているようです。

いったいどこまで考え抜かれているのか・・米津玄師さん。凄すぎてちょっとこわいわ!笑

 

最後に

『Lemon』という曲は”死”と”未来”をテーマにしたドラマ『アンナチュラル』そのものでもあったし、楽曲単体でもMVでも想像力を刺激する名曲ですね。

ぜひ皆さんもいろいろ考えながらMVをもう一度見直してみてください!

 

 
スポンサーリンク
 

-ブログ

テキストのコピーはできません。

Copyright© 大人女子のひとり暮らし , 2019 All Rights Reserved.